冬のエアコン使用、なぜ控える?快適に過ごすための3つのコツ!

 

1. 設定温度を上げる前に、加湿や空気の攪拌をしよう!

寒さを感じたらすぐに温度を上げるのは誘惑ですが、1℃上げるだけで消費電力が約10%増加します。その前に、加湿や空気の攪拌を検討しましょう。適切な湿度は40~60%で、加湿器や加湿機能付き空気清浄機を活用しましょう。空気の攪拌は、足元の冷気を抑え、温度ムラを軽減する効果があります。

2. エアコンの基本的なメンテナンスが大切!

定期的なフィルター掃除や室外機周辺の整理整頓は、エアコンの効率向上と消費電力の削減につながります。調査によると、これらの基本的な節電方法を知らない人が多いとのこと。エアコンの取扱説明書を参考に、メンテナンスを怠らないように心がけましょう。

3. 部屋の断熱性を高める工夫がポイント!

エアコンを効果的に利用するには、部屋の断熱性を向上させることが不可欠です。カーテンやブラインドを閉め、窓やドアの隙間をふさぐ工夫をすると、エアコンの暖房効果をより実感できます。色と素材にこだわったカーテンは、断熱性を高める一助となります。

これらのポイントを押さえれば、冬のエアコン使用を控えるだけでなく、快適さを損なわずに節電が可能です。エコな生活を送りながら、寒い冬も暖かく過ごしましょう!


​​

  1. ダイキン工業、「エアコン暖房の節電に関する実態調査」
  2. 環境省、「省エネルギーのための冷暖房適正設定ガイドライン」
  3. 日本家政学会、「住まいの湿度と健康」
  4. 住宅設備機器工業会、「冷暖房効果を上げるカーテンの選び方」