国立劇場の建て替え、再開メドが立たず!伝統芸能の聖地が危機に

 

​​国立劇場の建て替え、再開メドが立たず!伝統芸能の聖地が危機に

国立劇場の歴史と危機

国立劇場は昭和42年に開場し、その歴史を通じて日本の伝統芸能の普及と保存に貢献してきました。しかし、老朽化と設備仕様の古さから、建て替えが決まり、今年10月末に一時閉場しました。新しい劇場の再開は令和11年度末と見込まれていましたが、入札の難航により、その再開のメドが立っていません。

PFI方式の課題と建て替えの緊急性

国立劇場の建て替え計画は、PFI方式を採用していますが、2度の不調に見舞われています。この方式の問題点や、建て替えが待ち遠しい伝統芸能関係者や観客の立場から見た緊急性について考えてみましょう。

PFI方式は、公共性や文化性の高い施設において、劇場の運営権を民間に委ねるものです。しかしこの方式は、伝統芸能の需要低下や文化性の損失を招く懸念があります。建設の高騰に加え、PFI方式の採用が建て替え計画を行き詰まらせています。この方式の採用が、国立劇場伝統芸能の精神や魅力を損なっている可能性が否定できません。

    • 建て替えの緊急性

国立劇場が閉場したことにより、伝統芸能の公演や育成の機会が減少しています。伝統芸能は日本の誇りであり、その発信地である国立劇場が機能不全となることは大きな損失です。国立劇場の再開が急務であり、PFI方式の問題を解決するべく、建て替え計画に新たな方針を打ち出す必要があります。